• トップ
  • 企業情報
  • お知らせ
  • 地球温暖化対策を学ぶ環境省制作アニメ『ガラスの地球を救え!』プロジェクトに、 シダックスグループが受託運営する学童保育施設の子どもたちが参加
  • お知らせ
  • その他
  • 2022年4月13日

地球温暖化対策を学ぶ環境省制作アニメ『ガラスの地球を救え!』プロジェクトに、 シダックスグループが受託運営する学童保育施設の子どもたちが参加

全国の公立学童保育施設(放課後児童クラブ)等の受託運営を行うシダックス大新東ヒューマンサービス株式会社(以下:SDH)は、2022年1月17日(月)~3月15日(火)の期間、受託運営する全国約1,100カ所の学童保育施設、児童館、児童センター等において、環境省制作の地球温暖化の意識啓発アニメ『ガラスの地球を救え!』プロジェクトに参加。動画視聴を通して、約3万名の子どもたちに地球温暖化対策を学んでいただきました。

 

『ガラスの地球を救え!』プロジェクトは、漫画家の故・手塚治虫氏が生前手がけたエッセイ集を基にして、2本のアニメ『地球との約束』『私たちの未来』が制作されました。アニメを鑑賞することで、子どもたちが地球温暖化について関心を持ち、日常生活の中で、自分にできる地球温暖化対策への取組みを考え、行動してもらうことを目的とした取り組みです。SDHは2020年度に続き、2021年度も本プロジェクトに賛同のうえ協力し、上映会を実施しました。

アニメ『地球との約束』
製作・著作:環境省
企画・制作:一般社団法人日本動画協会『アニメNEXT_100』
アニメーション制作:株式会社手塚プロダクション

 

アニメ『私たちの未来』
製作・著作:環境省
企画・制作:一般社団法人日本動画協会『アニメNEXT_100』
アニメーション制作:日本アニメーション

 

また、茨城県つくば市、龍ケ崎市の学童保育施設 計4カ所で、約200名の小学生の子どもたちを対象にアンケートを実施しました。

アニメ視聴時の様子

 

アニメ視聴前は、半数近くの子どもたちが地球温暖化問題について知らかったものの、視聴後は「怖い」「何もしないと大変なことになる」という感想を述べるなど、関心が高まったようです。

 

メッセージボード

 

なお、視聴後のアンケートでは、自身や家族で地球温暖化対策のために取り組むこととして「電気はこまめに消す」「水を出しっぱなしにしない」「買いもののときはマイバッグを持参」などの回答が多く、最後に視聴後の感想をメッセージボードにして制作するなど、有意義な時間となりました。

 

SDHが受託運営する学童保育施設、児童館、児童センター等では、今後も遊びや学びを通じて、SDGsや環境問題について考える取り組みを積極的に推進して参ります。