• プレスリリース
  • グループ
  • 2020年4月21日

受託先拠点における新型コロナウイルス感染者の発生について

当社の事業子会社である大新東株式会社が受託している東京都中央区の拠点で、車両運行業務に従事する従業員1名が、新型コロナイルスに感染していることが4月20日(月)に確認されました。当該従業員は自宅待機中の4月15日(水)に発熱し、20日(月)に医療機関を受診し、陽性が判明致しました。

本件を受け、感染の拡大を防止するため、委託元のクライアント様、所管保健所と連携を図り、本日時点で以下の対応を取っております。

 

● 感染者が勤務していた該当エリア及び施設内共用部分の消毒作業の実施

● 感染者の受託先施設における行動履歴、並びに感染者の濃厚接触者の調査

● 濃厚接触した従業員に対する自宅待機指示、およびその健康状態に関する経過確認

 

濃厚接触した従業員3名は最終接触日の次の日から 2 週間後まで自宅待機としております。また二次濃厚接触者(一次濃厚接触者の濃厚接触者)については要健康観察とし、一次濃厚接触者に感染が認められた時点で一次濃厚接触者と同様に扱います。

 

今後も、社内外への感染拡大の抑止と、お客様並びに社員の安全確保を最優先に、関係各所と連携し、対応してまいります。関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

以 上

 

 

 

受託先拠点における新型コロナウイルス感染者の発生について