ごあいさつ

事業を通じた「社会課題の解決」で、今後ともSDGs経営を継続推進

シダックスグループは、1959年、東京都調布市で受託した社員食堂からスタートしました。独身寮に配達する朝晩の30食ずつを加えても、提供食数は一日わずか360食。60年後の今日では、一日に72万食を提供する給食事業をはじめ、3600台の車両の運行を請け負うBtoB事業、ワイナリーやレストランなどのBtoC事業、さらには約400の自治体から業務を受託して行財政改革をお手伝いするBtoP(Public)事業など、幅広い領域へ業容を拡大しています。
その一方で、カラオケ事業の売却(2018年)など事業ポートフォリオの見直しにも積極的に注力しており、2019年のユニゾン・キャピタルとの資本業務提携を機に、Re-Growth(再成長)をめざして、さらなる経営改革を推進しています。
シダックスグループのサービスは、赤ちゃんが産声を上げる産婦人科に始まり、保育園、学校、学童保育、企業、病院、高齢者施設、公共施設、ウェディングや斎場まで、あらゆるライフステージでお客様とともにあります。
近年では、その多岐にわたるサービス提供の強みを最大限に活かし、食事提供、施設管理、車両運行など、お客様がお求めのあらゆるサービスを一括して受託し、コスト削減と付加価値の提供を両立させた「トータルアウトソーシングサービス」を全国規模で提供しております。

今、世界は、新型コロナウイルスの流行をはじめ、自然災害や政治・経済の状況変化により不透明感を増しています。そのような中にあっても、以前から大切にしてきた「事業を通じた社会課題の解決」、つまりは「SDGs経営」を、改めて経営の中心に据えて継続、強化してまいります。 今後ともお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

シダックス株式会社 代表取締役会長 兼 社長

志太勤一

シダックスの企業理念