食材

SLOGIX

エスロジックス・シダックスグループの食事提供業務において大切な食材を一手に引き受ける一元物流管理システム

全国各地の現場へ安定した「安心・安全」の食材を提供すべく厳選された食材を一元購買し、自社最大の特徴である一元物流システムにて「安心・安全」の食材をお届けしています。

FOOD SAFETY & QUALITY MANAGEMANT

食材の安全・品質管理

徹底した情報管理で、食のカルテをすべての食材に

エスロジックスがご提供している食材は約8,000アイテム。どこで、誰が、どのような方法で生産したか、アレルギー成分はないか、栄養成分はどうか。エスロジックスは食材一つ一つにこうしたカルテをつくっています。これらのデータはシダックスのネットワーク上どこからでも検索可能。カルテ1枚を見れば 店舗から履歴が瞬時にたどれるようになっています。また、QRコードから「生産者の顔」が見える野菜を一部で使用するなど、シダックスはお客様に「安心・安全」な食事を召し上がっていただくために進化を続けます。

  • 細菌検査書
  • 商品規格書

新鮮にこだわった食材選び

新鮮にこだわった食材選び

日本人の主食である米は100%国産を使用。生鮮野菜も90%以上が国産です。おいしい食材を新鮮なうちに、安心してお客様に召し上がっていただきたい。この「安心・安全」をお届けするという想いが、国産へのこだわりにつながりました。

冷凍野菜にも細心の注意を

冷凍野菜にも細心の注意を

青島誠誉食品検測有限公司と提携し、中国産の冷凍野菜の安全性を確保。農水省の輸入植物検疫に加え、研究所独自の最新技術による検査方法で残留農薬・遺伝子・アレルギー解析を行い、基準をクリアした野菜のみを使用しています。

セントラルキッチンによる自社製品の生産

行事食や「塩分1グラム未満」シリーズをはじめとするセントラルキッチンで手がける自社製品は全て、ロット別生菌検査を実施しております。
HACCPに則った生産工程+最終的に生菌検査を実施することにより、工程管理と数値的担保の双方を兼ね備えた「安心・安全」な商品作りを実現させています。さらに衛生面の数値的担保が実証されていることにより、災害時の備蓄食としても運用してが可能な商品となっています。

ICHIGEN LOGISTICS

一元物流

温度や鮮度管理の徹底で、
おいしさを追求

食材は、なによりも鮮度がいのち。一番おいしい状態でお客様のもとに届けるために、食材物流に「冷凍」「冷蔵」「常温」の3つの温度帯を設定。「三温度帯での一括発送」を実施しています。すべての行程で厳密な温度チェックを実施して、品質管理に努めています。また、店頭や厨房に作りたて、採れたてを納めることを徹底し、新鮮なまま納品しています。

新しい価値を創造する「一元物流管理」

新しい価値を創造する
「一元物流管理」

エスロジックスは一元購買・一元物流システムを構築し、全国に「安心・安全」な食材を提供しています。このシステムを取り入れることで、大量のオーダーから少ないロットの生鮮品まで、効率的なリードタイムでのお届けが可能となりました。昨今問題となっている地球温暖化などの環境問題についても、一元管理・物流を行うことでCO2排出量を抑え、環境負荷低減へも寄与しています。

情報の集中管理

情報の集中管理

コールセンターを設置し、各地生産工場のさまざまな情報を管理・収集しています。食品ロスや在庫状況の管理だけでなく、定期的な食品製造施設監査による品質の維持・向上、物流会社との定期協議による課題解決を行っています。
そして天災が発生した際にも、全国の工場から円滑な商品調達が可能となるよう取り組んでいます。