HOMEグループ概要 > 会社概要 > 大新東株式会社 > 運輸安全マネジメントに関する取組について(旅客自動車運送事業)

会社概要

大新東株式会社 運輸安全マネジメントに関する取組について(旅客自動車運送事業)

安全情報報告書

①輸送の安全に関する基本方針

輸送安全方針

 大新東株式会社は、「社会問題解決型企業」として、旅客自動車運送事業の遂行にともなって発生する様々な輸送安全リスクを軽減する活動に積極的に取り組み、持続可能となる安全・安心な社会の実現に努めるために下記の方針を定めます。

  • 1.旅客輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守いたします
  • 2.重大事故ゼロ・交通事故削減を目指して目標・詳細目標を定め、継続的な改善を確実に展開していきます
  • 3.乗務員の健康管理を徹底し、身体に起因する事故防止に努めます
  • 4.旅客輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正処置または予防処置を講じます
  • 5.旅客輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達共有いたします
  • 6.旅客輸送の安全に関する教育及び訓練に関する具体的な計画を策定し、これを的確に実施いたします
  • 7.テロ防止対応、大規模災害対応を行い、安全・安心の強化を行います

2018年4月13日 安全統括管理者 高梨 広一

▲ページのトップに戻る

②輸送の安全に関する目標および当該目標の達成状況

平成30年度の目標

平成30年度 目 標
重大事故
(自動車事故報告規則第2条)
0件

平成29年度の目標および結果

  平成29年度 結 果
重大事故
(自動車事故報告規則第2条)
0件 0件

③自動車事故報告規則 第2条に規定する事故に関する統計

平成29年度
車両 人身事故 0 件
車内 人身事故 0 件
その他 0 件

▲ページのトップに戻る

⑤輸送の安全のために講じた措置および講じようとした措置

  • 1.輸送の安全が最も重要であるという認識を徹底しました
  • 2.輸送の安全に関する費用支出および投資を積極的に、かつ、効率的に行いました
安全に関する支出内容 平成29年度達成状況 平成30年度目標
単年度 累計 単年度 累計
デジタルタコグラフの
設置
15台 206台 5台 211台
ドライブレコーダーの
設置
15台 206台 5台 211台
高機能アルコール検知器の導入 76台 13台 89台
衝突軽減装置車両の
導入
1両 42両 42両
貸切バス
運行管理システム
100アカウント 100アカウント 23アカウント 123アカウント
研修指導員の配置 全国20名体制 全国20名体制

▲ページのトップに戻る

⑦輸送の安全に関する教育および研修の実施状況

  • ・新入社員に対しては、法改正された規則を遵守した独自のカリキュラムに基づき教育を行い、また、NASVA等の適正診断結果を基に指導教育を行っております
  • ・乗務員の教育は、各営業所において年間教育計画に基づいて適正に行っております
  • ・運行管理者は、毎年(法令では2年に1回)運行管理者一般講習を受講させております
  • ・整備管理者は、2年に1回講習会を受講しております

別紙5 重大事故対応訓練および救命救急訓練の様子

▲ページのトップに戻る

⑧輸送の安全に関する内部監査の結果ならびにそれに基づき講じた措置、
および講じようとした措置

輸送の安全に関する内部監査・臨店指導を行い、必要な関係法令および安全管理規程に定められた事項について是正措置または予防措置を実施しました。
平成30年3月までに監査を行った結果、輸送の安全を確保する取組みにおいて、特に大きな不具合は確認されませんでした。
各営業所においても運行管理において、適正であることを確認しました。

▲ページのトップに戻る

⑨安全統括管理者に関する情報

安全統括管理者 高梨広一(旅客サービス事業本部長)

▲ページのトップに戻る