• トップ
  • 企業情報
  • お知らせ
  • 現場で実践する感染症対策を募り、グループの衛生管理向上へつなげる「感染症対策 社内コンテスト」を実施
  • お知らせ
  • グループ
  • 2022年1月12日

現場で実践する感染症対策を募り、グループの衛生管理向上へつなげる「感染症対策 社内コンテスト」を実施

シダックス株式会社は、この度、社員が日頃勤務する店舗・施設にて実践している感染症予防対策を募る「写真で送ろう!オリジナル感染症対策 アイデアコンテスト」を実施しました。

 

 

シダックスグループは、全国の企業、自治体において、食の提供、車両運行、公共サービス等の業務を展開しております。当コンテストは、新型コロナウイルス感染症が続く中、日々お客様と対峙する全国の店舗・施設のスタッフが、現場で実践する感染症予防対策のアイデアを募り、グループの衛生管理レベルのさらなる向上と水平化を行うべく、企画したものです。

 

 

2021年10月より2カ月間にわたり募集を行い、計163作品の中から、以下の4作品が入賞となりました。

 

①「手洗いをしながらクイズを解こう!」

<受賞店舗・施設>
シダックス大新東ヒューマンサービス株式会社受託運営 学童保育施設(福岡県宗像市)

 

 

<コンセプト>
手洗い場の子ども目線に、子どもたちが大好きなクイズを毎日掲示。手洗い場に行きたくなる環境を作り、子どもたちの手洗い励行を促す。

 

②「ピクトグラム:肘タッチ」

<受賞店舗・施設>
シダックス大新東ヒューマンサービス株式会社受託運営 学童保育施設(福岡県行橋市)

 

 

<コンセプト>
SDGs17の目標に絡み、新型コロナウイルス感染症対策についても楽しみながら学んでいこうと、施設独自に18番目の目標として『18.まもろう自分 まもろう友達』と題した肘タッチのピクトグラムを作成。握手の代わりに肘タッチを奨励し、感染対策に気をつけながら絆を確かめ合う取り組みを行う。

 

③「ごはんの量は、指さしで伝える」

<受賞店舗・施設>
シダックスコントラクトフードサービス株式会社受託運営 工場内食堂(兵庫県伊丹市)

<コンセプト>
カウンターでの食事提供の際「特盛・大盛・中盛・小盛」と希望サイズを記載したアクリル板を設置。SDGsの考え方に則り食べ残しを減らす取り組みの一環として、配膳時にご飯の量を増減する取り組みを行ってきましたが、ごはんの量を声に出して告げるのではなく、指さしで示すことで飛沫感染防止も行う

 

④「子どもたちが描く感染対策ポスターを室内掲示」

<受賞店舗・施設>
シダックス大新東ヒューマンサービス株式会社受託運営 学童保育施設(千葉県白井市)

<コンセプト>
「毎日気をつけること」をテーマに、施設に通う子どもたちにポスターを描いてもらい、室内に掲示。自分たちで描いた感染対策を“見える化”することで、感染対策の重要性と理解を深める