SDGs / ESG

シダックスの価値創造プロセス

全体像

シダックスは、「すべては未来の子どもたちのために」の大義のもと、固有の強みを活かしたSDGs経営により、特に人財、環境、街づくり、安心・安全の4つの社会課題の解決に貢献して行く

1. シダックスの大義

大義・ビジョン・サービスポリシー

シダックスのDNAと「志」は、大義、ビジョン、サービスポリシーの形で言語化され、現在も脈々と受け継がれ、事業活動において実践され続けている

大義

すべては未来の
子どもたちのために

変わることなく継承していく価値観

ビジョン

人と人との絆を育み、
社会を健康に美しくする
ソリューション・カンパニー

私たちは、人と人との間にあるサービス企業として、
社会をよりよくするために、
人が関わるサービスを高度化し、最適化し、
新しいソリューションを提案する
企業を目指してまいります。

サービスポリシー

マザーフード

お客様を我が子と想い、
誠実に仕事に取り組んでおります。

2. シダックス 事業ポートフォリオ

アウトソーシングの形態

シダックスのアウトソーシングは、クライアント企業・自治体様との契約に基づき、クライアント様の場で、カスタマーであるクライアント企業の従業員様・自治体の住民様にサービスを提供するモデル

3. 市場で委託が進む要因

コア3事業

シダックスのコア3事業のサービスは、民間企業・自治体が直営で行って来たものが、「サービスの担い手不足」、「コスト削減の必要性」、社会課題解決を含む「進化するニーズ」などの構造的要因のために委託が進んできたものだけに、今後も高い成長性が期待できる

4. シダックス独自の強み

コア3事業

この市場に対して、シダックスは①営業・顧客基盤、②提供サービスの幅、③カスタマー視点でのPDCA、④プラットフォームという当社独自の強みを活かし、さらなる強化を行いながらサービスを提供している

5. シダックスのSDGs経営方針

ステイクホルダーとの関係

シダックスは、ステイクホルダーとの関係のなかで、①社員エンゲージメントへの投資により生産性を高めてその成果を還元する、②顧客・パートナー企業との協創でイノベーションを進める、というアプローチで、社会価値と経済価値が好循環するCSV*を目指す

※CSV(Creating Shared Value:共通価値の創造)

6. シダックスのSDGs経営方針 解決すべき社会課題と方針

人財、環境、街づくり、安心・安全

SDGs経営では、数多い社会課題のなかでも、「すべては未来の子どもたちのために」という大義の達成につながり、シダックスらしいユニークな貢献が可能な人財、環境、街づくり、安心・安全の4領域にグループでコミットして行く

7. シダックス Re-Growthに向けた重要アクション

重要アクションと時間軸

進行中のRe-Growth改革では、⓪経営基盤の強化から開始し、①選択と集中、②営業開発改革、③DX-BPRと順に改革を進め、現在は④SDGs経営、⑤人財に最優先で取り組んでいる状況 ( ⑥までの目途が立った段階で「⑦M&Aによる成長加速」も起動)

「すべては未来の子どもたちのために」

SHIDAX GROUP SDGs

DONETTY PROGRAM

For Future Children

OUR ACTION

実施例

さらに読み込む