• プレスリリース
  • グループ
  • 2022年3月14日

シダックス株式会社 経済産業省・日本健康会議より2年連続で「健康経営優良法人(大規模法人部門)」に認定

総合サービス企業 シダックス株式会社は、202239日(水)、経済産業省より、健康経営に取り組む優良な法人を認定する「健康経営優良法人(大規模法人部門)」に2年連続で認定されました。

 

健康経営優良法人2022 ロゴマーク

 

 

2016年度より創設された優良法人認定制度は、経済産業省と日本商工会議所や公益社団法人 日本医師会などが参加する民間団体「日本健康会議」が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることを目標としています。

 

 

シダックスは昨年「健康経営優良法人(大規模法人部門)」に初めて認定されました。認定後、さらなる社内の健康経営を推進するべく、従業員の健康維持・増進を支える部署横断型の「健康経営推進プロジェクト」を設置。さらに、新型コロナウイルス感染症が拡大する中、小さいお子様を持つ従業員が安心して働けるよう、保育園・小学校等の臨時休業や自身のコロナ感染に伴う休暇取得支援制度も積極的に実施。こうした取り組み等が評価され、この度、同制度2年連続の認定に至りました。

 

 

シダックスは1959年に創業。フードサービス事業を祖業とし、食を通してお客様の健康に寄与するというDNAが刻まれています。以来60年以上にわたり、企業や自治体の車両運行サービス事業、および公共施設、学童保育施設の運営、受付業務などを担う社会サービス事業と業容を拡げてきましたが、創業以来、常に事業・サービスを通じてお客様の健康を願い、そしてそれを支えるための従業員の健康が最も大切であるという考え方に変わりはありません。

 

 

現在、全国に約36,000名の従業員がおりますが、従来より財産は「人」であると考え、性別、国籍、障がいの有無にかかわらず、異なる個性や能力を持った「人」が活躍できるダイバーシティ経営を推進して参りました。シダックスグループは今後も「人」を重要視した経営を続けていくと共に、すべての従業員が働き甲斐があり、かつ安心して働ける環境整備に継続して努めて参ります。

 

 

  

シダックス株式会社 経済産業省・日本健康会議より2年連続で「健康経営優良法人(大規模法人部門)」に認定