• プレスリリース
  • フードサービス
  • 2020年11月13日

厚労省の“食育に関する指針”を盛り込んだ 季節を感じるオリジナル紙芝居を制作し、保育園・幼稚園へ謹呈

総合サービス企業 シダックスグループの事業子会社で、病院、高齢者福祉施設、保育園・幼稚園での食事提供を行うシダックスフードサービス株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:佐藤 好男、以下SF)は、2020年11月、SFが受託運営する全国の幼稚園・保育園155カ所に、子どもたちに食の大切さや正しい知識を遊びながら楽しく学んでもらうためのツールとして、オリジナル紙芝居を制作・謹呈いたします。

 

 

  

オリジナル紙芝居イメージ

シダックスグループ公式食育キャラクター「モグちゃん」

 

本紙芝居は、厚生労働省が2004年に定めた「楽しく食べる子どもに~保育所における食育に関する指針~」で示されている食育の目標5項目(※)を盛り込んだ内容で、シダックスグループの食育キャラクター「モグちゃん」を起用して制作いたしました。受託運営する施設にて子どもたちの身近な場所に保管いただき、いつでも手軽に、紙芝居に親しんでいただくことが狙いです。

 

今回制作した紙芝居では、この時期旬の食材「さつまいも」をテーマに、子どもたちに紙芝居を通して、キャラクターたちと一緒にイモ掘り体験をした気分になってもらい、さつまいもの調理法も学べるようなストーリーにいたしました。イモ類は給食でもよく提供される食材の1つですが、子どもにとっては食感などで敬遠されがちな食材でもあり、本紙芝居によってさつまいもの食べ残しの減少も期待しております。

 

今後も季節を感じられる食に関する内容を中心に、それぞれのシーズンごとに定期的に制作し、謹呈する予定です。シダックスは「安心・安全」、楽しい「食」を通してお客様の健康創造に寄与するさまざまな活動を、SDGsの視点に基づき推進してまいります。

 

 

※食育の目標5項目…「食と健康」「食と人間関係」「食と文化」「いのちの育ちと食」「料理と食」

参照サイト:https://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/06/dl/s0604-2k.pdf

 

 

  

 

20201113 SF「オリジナル食育キャラクターの紙芝居を謹呈」