今、港には金銀を満載した一枚帆に葵の御紋、飾り金具がまばゆい御奉行船が佐渡から到着・・・・
こんなストーリーから始まる天領出雲崎時代館は、400年の時を越え、天領時代にタイムスリップする時代旅行館です。

館内には出雲崎特有の妻入りの街並を再現し、天領時代の商家、職人の生活、そして子供達の遊びと、賑やかで華やかな時代の出雲崎を体感できます 。
又、出雲崎ゆかりの良寛の生家橘屋の再現、そして数多く出雲崎を訪れた、文人、墨客の足跡に触れる事が出来るコーナーもあります。

出雲崎は、宿場町、港町として、多くの人が往還した町です。
これに伴い文化面でも、歴史に名を残す芭蕉を始め、数多くの墨客の来訪も注目されています。

幕府は出雲崎に代官所(七万石)をおいて出雲崎とそのまわりの広い地域を直接支配しました。
そのわけは、まず出雲崎が、幕府の財政を支える佐渡の金銀を船で運びこむ港であったこと。
次に、越後の米を船で集めたり運ぶのに便利なところであったこと。
それに越後の有力な三大名(高田藩、長岡藩、新発田藩)の力をおさえるのに都合のよい場所にあったからでした。
このように幕府が直接支配した場所のことを「天領」と呼び、中でも出雲崎は大変重要な地でした。



『体験コーナー』もあるよ。

■紙風船づくり

誰でも一度は手にしたことのある紙風船。 ここ出雲崎で全国の約90%を製造しています。 素朴で情緒豊かな紙風船づくりが、時代館内で体験できます。
(一人:200円)
※要予約

■時代衣装でハイチーズ!

江戸時代の出雲崎を全身で体感しながら、とことん楽しんでいただくために、時代衣装を着ての記念撮影はいかがですか。 思い出づくりの1ページとしてご利用ください。
(一人:300円  写真付:500円)

窓口にて、お申し込み下さい。

 

出雲崎の郷土の本

 時代館窓口で取扱をしておりますのでぜひご購入ください。

書  名 編集・発行 価格(税込)
出雲崎町史  通史編 上巻
(発)出雲崎町教育委員会
1,800円
出雲崎町史  通史編 下巻
(発)出雲崎町教育委員会
1,800円
出雲崎町史  民俗文化財編(再版)
(発)出雲崎町教育委員会
1,750円
出雲崎町史  資料編 I(原始〜近世1)
(発)出雲崎町教育委員会
1,400円
出雲崎町史  資料編 II(近世2)
(発)出雲崎町教育委員会
1,800円
出雲崎町史  資料編 III(近代・現代)
(発)出雲崎町教育委員会
1,400円
出雲崎町史  石油資料集
(発)出雲崎町教育委員会
850円
出雲崎町史  海運資料集(一)
(発)出雲崎町教育委員会
1,900円
出雲崎町史  海運資料集(二)
(発)出雲崎町教育委員会
1,900円
出雲崎町史  海運資料集(三)
(発)出雲崎町教育委員会
1,900円
出雲崎の良寛史跡、街並探訪の手引き(出雲崎町良寛景慕会)
(発)出雲崎良寛景簒会
500円
出雲崎の史的趣味
佐藤耐雪(吉太郎)著
800円
北越史料  (復刻版)
佐藤耐雪(吉太郎)著
1,900円
出雲崎街並スケッチ画集 第2集
(発)出雲崎町
2,500円
小木の城山  (復刻版)
小木の城山
復刻刊行委員会
2,600円
春風秋雨録・内藤久寛の生涯
(著)内藤久寛
(発)図書刊行会
2,500円
燃ゆる水献上の図 (小)
 
500円
燃ゆる水献上の図 (大) 掛軸
 
3,600円
芭蕉の真筆 銀河の序拓本
 
2,500円




燃ゆる水から石油産業発祥の地へ
出雲崎は日本において石油掘削の機械方式を最初に用い成功した地です。
出雲崎石油記念館がこの度天領出雲崎時代館に併設してリニューアルオープンしました。入館料は時代館入館料に含みます。

陳列室には古代石油発見期から近代ロータリー式掘削法にいたる推移、石油精製品や行程、石油化学製品のできるまでの工程、灯具、各種国内油田の地層、原油等が展示してあるほか、映像・音声・アクションによって、初めての方でも分かりやすいような展示になっております。