HOMEグループ概要トピックス > ベネッセコーポレーション主催のファミリーイベントで、「たまひよ カフェ」を運営

トピックス

ベネッセコーポレーション主催のファミリーイベントで、「たまひよ カフェ」を運営

2012年12月20日

 

 

 

 2012年10月14日(日)、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催された、株式会社ベネッセコーポレーション(以下:ベネッセ)が持つ妊娠・出産・育児ブランド「たまひよ」主催のファミリー向けイベント「たまひよ ファミリーパーク2012」にて、シダックスはご来場のお客様を対象とした飲食スペース「たまひよ カフェ」を運営しました。

 

 このコラボレーションは、ベネッセから「集客につながるカフェの運営をイベントで行いたい」というオファーを受け、さまざまなサービスを展開するシダックスグループの総合力を結集して実現したものです。イベントには出産を迎える夫婦や子育てファミリー約2万人が来場。ファミリーで「安心・安全」に楽しく食事できるカフェ運営に努めました。

 

 カフェの運営は、グループのケータリング部門が担当。さらに、シダックスの管理栄養士やスイーツブティック レトルダムール グランメゾン白金のシェフ・ド・パティシエ監修による限定メニューを販売したほか、シダックスの管理栄養士・栄養士が、お客様から食事相談を受けてお答えするサービスを行いました。

 

 今回の「たまひよ カフェ」は、食育サービスや「独自メニュー」の提供というシダックスの強みと、ベネッセの子育て・教育ブランドの強みから生まれたもので、有意義なコラボレーションイベントとなりました。

 

 シダックスは約1,600人の栄養士を有し、グループの研究機関・総合研究所において「食」や「サービス」に関する研究を重ね、保育園や幼稚園、学校などで「安心・安全」な食を提供し続けてきました。その知見を、あらゆる世代に向けて発信することが可能です。

 

 

 

カフェはお昼時には行列ができるほどの盛況ぶり シダックスの管理栄養士が、お客様からの食事相談に対応しました。

 

   

 「たまひよ 緑黄色ベジタブルカレー」
シダックスの管理栄養士が監修した、妊娠中や子育て中のママが積極的に摂取したい葉酸などの栄養素が豊富に含まれる食材を使用したカレー。

 
 

 「たまひよ サブレ」
スイーツブティック「レトルダムール グランメゾン白金」のシェフ・ド・パティシエ倉嶌克彦がつくる、マタニティ雑誌「たまごクラブ」のキャラクター「たまちゃん」、育児雑誌 「ひよこクラブ」のキャラクター「ひよちゃん」を使用した焼き菓子。