HOMEグループ概要トピックス > 新潟県佐渡市「佐渡市トキ環境整備基金」に寄付いたしました

トピックス

新潟県佐渡市「佐渡市トキ環境整備基金」に寄付いたしました

2012年11月6日

 シダックス株式会社は、2012年10月2日(火)、新潟県佐渡市の佐渡市役所を訪れ、佐渡市が推進している「佐渡市トキ環境整備基金」(※)に100万円を寄付いたしました。

 

 トキは古くから日本に生息しておりましたが、2003年に日本産のトキは絶滅しました。その後、中国から寄贈されたトキによる人工繁殖に成功し、現在、環境省、新潟県、佐渡市や市民をはじめとする多くの方々によって、自然繁殖・野生復帰の取り組みが行われています。2012年4月には、日本で36年ぶりとなる自然界でのヒナ誕生、5月には38年ぶりとなる巣立ちが確認されました。

 

 こうした背景から、シダックスは社会問題解決型企業として、佐渡市が推進しているトキ保護事業に協力させていただくこととなりました。まず、佐渡市がトキ野生復帰応援のシンボルとして制定したデザインのピンバッジ10,000個の製造・販売契約を佐渡市と締結。ピンバッジ1個につき100円、計100万円を、この度「佐渡市トキ環境整備基金」へ寄付いたしました。

 

 なお、このピンバッジは、2012年8月から、シダックスグループが全国で展開するレストランカラオケ店舗や運営受託施設にて販売(現在は完売)したほか、店舗・施設内にポスターを掲示し、来店されるお客様へトキ保護活動の普及・啓発を行いました。また、2012年9月より、佐渡市の障がい者福祉施設で手作りされたトキ人形を年間3,000個購入(4年間で計12,000個。1個250円、計300万円で購入)。今後、シダックスグループが運営を受託する学童保育施設および児童館・保育所に寄贈、およびご希望の方に販売していきます。

 

※佐渡市トキ環境整備基金……トキの野生復帰実現のための保護増殖、および環境整備を目的とした基金

 

 

佐渡市役所で行われた寄贈式の模様

(新潟県佐渡市 甲斐 元也市長<写真右>と、シダックス株式会社 副会長 遠山秀徳<写真左>)