HOMEグループ概要 > 沿革 > 沿革

沿革

1959年 1月5日 創業
1960年 5月11日 東京都調布市に、給食事業を主体とする富士食品工業(株)<現:シダックスフードサービス(株)>を設立
1964年 10月 東京オリンピック大会組織委員会より指定を受け、大会運営スタッフの食事提供業務を受託。組織委員会より感謝状を受ける
12月 給食事業を主体とする富士食品工業(株)を、フジフード(株)<現:シダックスフードサービス(株)>に社名変更
1965年 7月 自社内に、食材を扱う会社を設立。給食事業だけでなく、食材流通にも着手する
1967年 4月 給食業界に対応した調理師を育成するべく、東京都調布市に、厚生大臣指定・フジ調理師専門学校を開校(※1987年10月に志太学園調理師学校に改称。2001年3月に閉校)。
1970年 3月 「日本万国博覧会(大阪万博)」の警備員用食堂、万博見学者向けレストランの給食業務を受託
6月 武蔵野美術大学(東京都小平市)の食堂に、カフェテリア方式による食事提供システムの実験を行う
1973年 11月 アメリカ・サガ社と技術提携。アメリカのカフェテリア方式による食事提供システムノウハウを導入
1974年 4月 新宿住友ビルに日本初の超高層ビルカフェテリア方式の社員食堂をオープン
12月 本社を東京都新宿区に移転
1975年 4月 給食事業を主体とするフジフード(株)を、キャフトフードサービス(株)<現:シダックスフードサービス(株)>に社名変更
1976年 11月 西ドイツ・ ハンザ社と技術提携。調理済み冷凍食品の開発に着手
1980年 6月

給食施設並びに飲食店設備の設計、施行を目的として志太キャフトシステム(株)<現エス・ロジックス(株)>を設立

調理済み冷凍食品による、SL(シダランチ)システムの導入を、都内銀行支店の給食受託店舗で開始

1983年 12月 新宿NSビル内に施設内売店「総合保障便利社」をオープン。施設内売店事業に進出
1985年 4月

SL(シダランチ)システムによる銀行の支店給食を全国展開へ

スポーツ選手のアスリート食を研究するため、アスリート食研究所(現:シダックス総合研究所)を設立

1986年 7月

給食事業を主体とするキャフトフードサービス(株)を、(株)シダコーポレーション<現:シダックスフードサービス(株)>に社名変更

病院給食の民間業者への一部委託解禁に伴い、本格的に病院給食に進出

1991年 1月

施設内売店事業を主体とする?コンビニエンスシダックス<現:シダックスアイ?>を設立

シダックス軟式野球部発足(※1993年に硬式野球部となり、東京都野球連盟に登録。2006年まで活動)

10月 都内にレストランカラオケの実験店をオープン
1993年 8月 レストランカラオケ事業を主体とする?シダックス・コミュニティープラーザ<現:シダックス・コミュニティー?>を設立
12月 東京都立川市にレストランカラオケ1号店をオープン
1994年 3月 給食事業を主体とする(株)シダコーポレーションを、シダックス(株)<現:シダックスフードサービス(株)>に社名変更
1995年 9月 本社を、東京都調布市に移転
1996年 4月

シダックスフードサービス(株)株式を日本証券業協会の店頭登録銘柄として登録(2001年3月店頭上場廃止)

シダックスグループとして初となる、ホームページを開設

1997年 10月 グループ店舗・施設に募金箱の設置を開始。募金をUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)へ寄付する活動を行う(現在は、国連UNHCR協会を通じて寄付)。
1998年 10月 給食事業を主体とするシダックス?を、シダックスフードサービス(株)に社名変更
1999年 9月 東京都内のレストランカラオケ2店舗にて「シダックスカルチャークラブ」の名称でカルチャー事業を開始
12月 シダックス・コミュニティー(株)株式を日本証券業協会の店頭登録銘柄として登録(2001年3月、持ち株会社設立に伴い店頭上場廃止)

2000年〜 >

お問い合わせはこちら
ご意見・ご要望、シダックスの給食に関するお問い合わせ、業務委託のお問い合わせなどはこちらから。
シダックスのトータルアウトソーシング
給食の提供に加えて、施設の運営や機器メンテナンスなどの一括受託を承っております。

▲ページのトップに戻る