HOMEグループ概要 > 会社概要 > 大新東株式会社 > 運輸安全マネジメントに関する取組について(旅客自動車運送事業)

会社概要

大新東株式会社 運輸安全マネジメントに関する取組について(旅客自動車運送事業)

安全報告書 -平成29年-

輸送安全方針

 大新東株式会社は、「社会問題解決型企業」として、旅客自動車運送事業の遂行にともなって発生するさまざまな輸送安全リスクを軽減する活動に積極的に取り組み、持続可能となる「安心・安全」な社会の実現に努めるために下記の方針を定めます。

  • 1.旅客輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令および安全管理規程に定められた事項を遵守いたします
  • 2.重大事故ゼロ・交通事故削減を目指して目標・詳細目標を定め、継続的な改善を確実に展開していきます
  • 3.乗務員の健康管理を徹底し、身体に起因する事故防止に努めます
  • 4.旅客輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正処置または予防処置を講じます
  • 5.旅客輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達共有いたします
  • 6.旅客輸送の安全に関する教育および訓練に関する具体的な計画を策定し、これを的確に実施いたします

平成29年4月1日 安全統括管理者 高梨 広一 

▲ページのトップに戻る

輸送の安全に関する目標および目標達成状況

平成29年度の目標

平成29年度 目 標
重大事故
(自動車事故報告規則第2条)
0件

平成28年度の目標および結果

  平成28年度目標 結 果
重大事故
(自動車事故報告規則第2条)
0件 0件

平成28年度の輸送の安全に関する目標

1.重大事故 (自動車事故報告規則第2条) 0件
2.有責事故 (対車両・対歩行者) 前年結果の20%減
3.自損事故 (車内事故) 0件
(車両・静止物) 前年結果の10%減

平成28年度の輸送の安全に関する目標の推進方策

  • ◎ ヒヤリハット情報の収集・分析をして、ヒヤリハットマップを作成し、輸送の安全を図る
  • ◎ タコチャート・ドライブレコーダーを活用し、安全運転・事故防止の指導を徹底する
  • ◎ 「急」の付く、無理な運転の禁止(急発進、急加速、急ブレーキ、急ハンドル等)
  • ◎ 危険予知トレーニングを実施し、事故防止に対する意義付けの徹底を図る

▲ページのトップに戻る

自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計

平成28年度 件数
車両 人身事故 0 件
車内 人身事故 0 件
その他 0 件

▲ページのトップに戻る

輸送の安全のために講じた措置および講じようとした措置

輸送の安全に関する重点施策と取組状況

  • ①輸送の安全が最も重要であるという意識をもたせることを徹底しました
  • ②輸送の安全に関する費用支出および投資を積極的に、かつ、効率的に行うようにしました
    • ・デジタルタコグラフの設置:191台
    • ・ドライブレコーダーの設置:191台
    • ・高機能アルコール検知器の導入:76台
  • ③輸送の安全に関する内部監査・臨店指導を行い、必要な関係法令および安全管理規定に定められた事項について是正措置または予防措置を実施しました。
    平成29年3月までに監査を行った結果、輸送の安全を確保する取組において、特に大きな不具合は確認されなかった。
    各営業所においても運行管理において、適正であることを確認しました
  • ④輸送の安全に関わる情報の伝達体制その他の組織体制の確認をしました
  • ⑤輸送の安全に関する教育および研修の実施状況
    • ・新社員に対しては、当社の指導員が独自のカリキュラムに基づき教育を行い、またNASVA等の適正診断結果を基に指導教育を行っております
    • ・乗務員の教育は、各営業所において年間教育計画に基づいて適正に行っております
    • ・運行管理者は、毎年運行管理者一般講習を受診(法令では2年に1回)しております
    • ・整備管理者は、2年に1回講習会を受講しております

▲ページのトップに戻る

安全統括管理者

高梨 広一(貸切バス事業本部長)

平成28年10月1日(選任)

お問い合わせはこちら
ご意見・ご要望、シダックスの給食に関するお問い合わせ、業務委託のお問い合わせなどはこちらから。
シダックスのトータルアウトソーシング
給食の提供に加えて、施設の運営や機器メンテナンスなどの一括受託を承っております。

▲ページのトップに戻る