HOME安心・安全の取り組み > 教育研修 > アレルギー食提供安全委員会

教育研修

アレルギー食提供安全委員会

全国約3,000の店舗・施設で一日約60万食の「食」を提供するシダックスグループ。私たちが、お客様の生命と安全を守るうえで最も重要なことと考えているのは「品質管理」です。食物アレルギーのお客様にも「安心・安全」にお食事を楽しんでいただきたいとの想いから、レストランカラオケのメニュー表にアレルゲン表示をする等、年間を通して品質管理活動を行っています。また、さらなる安全性の確保と、お客様への安心のご提供を目指し、「アレルギー食提供安全委員会」を設置。2007年度より本格的に活動を始めています。

「食物アレルギー」は、消化力の弱い乳幼児に多く出るアレルギーの一種です。厚生労働省によると、3歳児の約20人に1人は食物アレルギーの症状を待ち、その人数は増加傾向にあると言われています。重篤なケースでは、アナフィラキシーショックを起こし、死に至る場合もあります。

このような食物アレルギーのお客様に安心をお届けするため、さらなる安全性の確保を目指し、委員会に食物アレルギーの権威でいらっしゃる国立病院機構“相模原病院アレルギー性疾患研究部”の研究部長、海老沢元宏先生ほか2名の社外専門委員をお招きし、主に保育園・幼稚園でのアレルギー食の安全確保をより徹底するため、活動を行っています。そのひとつとして、小冊子『アレルギー食の手引き(混ぜるなキケン!)』を保育園・幼稚園用に作成。弊社受託店舗・施設だけでなく、ご希望の保育園・幼稚園にも無償で提供しています。さらに、レストランカラオケでは、「低アレルゲン」お子さまメニューを販売しています。

▲ページのトップに戻る

シダックス「アレルギー食提供安全委員会」主な委員

アレルギー食提供安全委員会

委員長:志太 勤一(シダックス株式会社 代表取締役会長 兼 社長)

社外専門委員:(敬称略・順不同)

海老沢 元宏:国立病院機構相模原病院アレルギー性疾患研究部長

1990年のアメリカアレルギー免疫学会優秀演題賞受賞をはじめ、数々の受賞経歴を持つ。小児アレルギー疾患、アレルギー炎症のメカニズム等を専門とする。

渡辺 眞一:日本経団連幼稚園経営懇談会座長/神奈川県私立幼稚園協会会長

私立幼稚園経営者懇談会(後に日本経団連に加入)を立ち上げる。また海外セミナーや異業種とのトップセミナー等、様々な場面で講演を行う等、幼児教育や子育て支援に力を入れて活動を行っている。

森田 邦雄:(社)全国はっ酵乳乳酸菌飲料協会専務理事

厚生省生活衛生局乳肉衛生課長・同東京検疫所所長日本冷凍食品検査協会常務理事・(社)日本乳業協会常務理事等を歴任。シンポジウム等、様々な場面で「食品の安全」等について講演を行っている。

お問い合わせはこちら
ご意見・ご要望、シダックスの給食に関するお問い合わせ、業務委託のお問い合わせなどはこちらから。
シダックスのトータルアウトソーシング
給食の提供に加えて、施設の運営や機器メンテナンスなどの一括受託を承っております。

▲ページのトップに戻る