HOME安心・安全の取り組み > 品質管理 > 給食サービスHACCP

品質管理

給食サービスHACCP

HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)とは、1960年代に米国のNASAにて、宇宙食の安全性を確保するために開発された食品衛生管理の方式のこと。食品の高安全性、高品質を実現する食品衛生管理システムの国際標準として、「危害分析及び重要管理点」が示されており、この方式が、原材料からお客様の口に入るまでの工程ごと、食品ごとに起こり得る危険の予知・分析・監視の役割を担っています。

シダックスでは、HACCPの考え方を取り入れ、工程管理に重点を置いた、衛生管理を行っています。給食施設においては、独自の「給食サービスHACCP」を策定。食材、物流、調理にいたるまで、「清潔」「迅速」「加熱」の3原則に基づく厳しい管理基準を遵守することで、提供する食の安全性の確保に取り組んでいます。この「給食サービスHACCP」のノウハウを給食施設だけでなく、レストランカラオケやスペシャリティーレストランにも活用することで、常に質の高い衛生管理を実施しています。

▲ページのトップに戻る

お問い合わせはこちら
ご意見・ご要望、シダックスの給食に関するお問い合わせ、業務委託のお問い合わせなどはこちらから。
シダックスのトータルアウトソーシング
給食の提供に加えて、施設の運営や機器メンテナンスなどの一括受託を承っております。

▲ページのトップに戻る